注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

原色天空

暂时只更新《香菜物语》

 
 
 

日志

 
 

中日关系紧张状态下的盗版治理现状  

2013-07-21 22:00:42|  分类: 业界·话题 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

原文标题可译为:习惯了文化白食的中国人 反日游行难掩日本动漫人气


「海賊版天国」と揶揄される中国。そんな中国でも「ある一面において」は、改善している。しばらく中国の日本絡みの海賊版の話は聞かなかったが、5月、6月といろいろニュースが出てきたのでまとめて紹介したい。
被揶揄为“盗版天堂”的中国,泛滥的盗版现象也在“某些个别层面”发生着改善。可能大家有一段时间没听到关于和日本相关的中国盗版的消息了,这里把5月和6月新出的各种新闻归纳起来向大家介绍。


日本の文化庁は「海外における著作権侵害等に関する実態調査(中国)(平成25年5月)」を発表した。
中国の上海、北京、広州の3大都市の市民を対象にヒアリングと現地販売実態調査を行い、内陸の重慶も加えた4都市の老若男女にアンケートをとったもので、合計500ページを超える資料が無料で読める。莫大な量ではあるが、気になる部分だけでも拾っていくと読めるので興味がある読者はさらっとでも読むと、そこに使われた税金が意味を持つというもの。
さてこのレポートによれば、3カ月内に約36%が日本のアニメの入手?視聴の経験があり、約31%がコミックの入手?視聴経験があった。中国人にとって日 本のコンテンツは母国中国に次いで人気で、特にアニメ?コミック?ゲームの頭文字をくっつけた「ACG」という中国のサブカルが人気だが、ゲームについて はゲーム機のゲームでは14%、オンラインゲームでは14%、スマホゲームでは11%が触れた経験がある。テレビ番組や映画や着メロを含む音楽や、小説な どの雑誌や、ファッション誌などの雑誌はそれより少なく1割程度、ないしはそれ以下となっている。
日本コンテンツの年間平均入手?視聴件数は4都市の単純平均で、オンラインが207件、パッケージが40件となっている。1日にいくつも日本コンテンツに触れるだろうが、あえて単純計算すれば、3日に2日は日本コンテンツに触れる日があるということだ。
日本的文化厅发表了《关于海外著作权侵害等的实态调查(中国)(平成25年5月)》。此调查以上海、北京和广州这三大都市的市民为调查对象,通过听访与实地销售情况调查,再加上内陆的重庆这四大都市男女老少的问卷调查,获得了可以免费阅读的合计超过500页的资料。
根据这份调查报告,在3个月内有约36%的人接触或收看过日本的动画,大约31%的人接触或阅读过漫画。对中国人来说日本文化制品的人气仅次于母国中国,特别是以动画(Anime)、漫画(Comic)和游戏(Game)首字母“ACG”亚文化人气最旺,游戏领域接触过游戏机游戏的占14%,网络游戏14%,智能手机游戏占11%,而电视节目、电影、包含手机铃声在内的音乐、小说、时尚杂志等杂志则较少只占一成左右,甚至不足一成。
四大都市的日本文化制品全年平均接触和视听数为,在线207件,实体物40件。实际上可能一天能接触好几件日本文化制品,如果硬是要做单纯的平均计算的话,每三天就有两天会接触到日本文化制品。



中国ではようやく日本の情報が徐々に解禁されてきているが、一方で反日デモ後、中国国内で日本のイベントが中止されるなど、一見すると日本の情報がシャットアウトされている。だが、目に見えないところでは多くの人が日本発のアニメやコミックを楽しんでいた。調査におけるグループインタビューにおいても「反日デモ後にテレビ番組はなくなったが、利用者はネットで見ていた」とし、日本コンテンツとのつきあいで支障はなかったとしている。
目前日本相关消息虽然正在逐渐解禁中,不过在反日游行发生后,中国国内的日本相关活动多被叫停,乍一看日本相关消息都被挡在门外,但其实在看不见的地方很多人依然在享用着来自日本的动画和漫画。调查中网络群落一章中提到“虽然反日游行后日本电视节目消失了,不过观众转战到网络去观看”,也就是说这些人接触日本文化制品没有受到影响。





●“海賊盤大国”に中国当局は反論
中国当局反驳“盗版大国”一说


アニメとコミックが人気なのが上海と広州だ。実際この2都市では、日本のアニメなどのグッズ販売イベントがファンの間で大人気。ところがこの2都市はひとくくりにはできない。広州のイベントでは日本の業者による正規品販売ブースに並んでニセモノグッズ販売業者が堂々とブースを構え、呆れて日本の業者が正規品販売ブースを畳めば、そこにニセモノ業者が入りニセモノを販売する──という話まで聞く。これは上海にはない現象だ。レポートでも、広州の著作権についての認知や罪の意識の低さは指摘されている。
アンケートで集計した各都市でのアニメやゲームなどの海賊版利用率からその都市のアニメやゲームなどのジャンル別の被害額を推計したところ、4都市での被 害額はネット広告費換算で約19億円、有償ダウンロード換算で約5600億円となる。さらに重慶を中国標準として中国全体の人口に換算すると、ネット広告 費換算で約135億円、有償ダウンロード換算で約3兆8000億円となる。
动漫最有人气的当属上海和广州了。实际上这两大都市中举办的日本动漫相关的周边售卖会在支持者中有很高的人气,但这两大都市也不能一概而论。我们甚至听到了这样的事情:在广州举办的活动中日本业者开设的正版销售店铺旁,盗版周边的贩卖商将铺子光明正大地开在同一排;目瞪口呆的日本正版业者将店铺收起来后,盗版业者竟直接鸠占鹊巢开卖盗版了。这种现象在上海没有发生。报告指出,广州对版权的认知和负罪意识比较低。
通过各都市收集的调查问卷中盗版动漫的使用率去推算该城市各类别商品的受害额,四大城市的受害金额换算成网络广告费约为19亿日元,换算成有偿下载约为5600亿日元。进而以重庆为标杆推及到中国全部人口进行换算,网络广告费约为135亿日元,有偿下载则换算得3兆8000亿日元。



中国国外で中国の海賊版レポートが発表されると黙ってないのが中国。
たとえばMicrosoftなど大手ソフト会社で構成するBSA(Business Software Alliance)が毎年5月にビジネスソフトの違法コピー率を発表する中で、中国の違法コピー率は約8割だとレポートしているが、毎年その発表直後に中国版権局が3割だと反論するレポートを発表している。それぞれの根拠だが、BSAメンバーであるMicrosoftやAdobe Systemsなどの中国での海賊版インストール率が8割というのがBSAの言い分。一方、OSなど一部ジャンルを除き著名中国ベンダーによる(フォトレタッチソフトも含めて)フリーウェアの利用が当たり前になっている中国で、PCに入っている海賊版のソフトは全体の3割だ、というのが中国側の言い分である。PCに必須となるソフトを有料でリリースするMicrosoftは最も被害を被りやすい。
中国没有对国外发布的盗版报告保持沉默。以微软等龙头软件公司组成的BSA(商业软件同盟)于每年5月公布的商用软件违法拷贝率中,中国的违法拷贝率占到约8成,不过每年这个数字发布不久中国版权局就会发报告反驳称其实只有3成。就两方的根据来说,BSA的根据是其成员微软和Adobe Systems等在中国的盗版软件的安装率占到8成来说的;而另一边除了操作系统等一部分领域外,在包括图片加工软件在内免费软件的使用是理所当然的背景下,由著名的中国供货商预装在电脑中的盗版软件占到全部的3成,这是中方的理由。这样看收费贩售对电脑不可或缺的软件的微软是最容易受到侵害的公司了。


文化庁のレポート発表後、やはりというか中国版権局が
「製造、販売、伝播、使用の様々な方面から分析しておらず一面的で非科学的」
「3兆8000億円という数字の根拠が、発展している都市を基本としていておかしい」と反論。
加えて「我々は『剣網行動』という海賊版取り締まりを8年間にわたって展開している」とコメントしている。ネットでの伝播が当たり前となる今、製造販売の現場を押さえる必要はないが、しかし重慶をもって「標準」として中国全土を推定するのにはちょっと乱暴ではないかとは筆者も思うところ。よってあくまで4都市についてのレポートであり、被害額の数字は参考程度として考えたほうがいいだろう。
在日本文化厅的报告发表后,中国版权局意料之中地反驳道“未从制造、销售、传播和使用等各种方面进行分析,实质是片面而不科学的”;“3亿8000亿元这个数字是以发展程度较高的城市为基础这是不可信的”,同时指出“我国名为‘剑网行动’的盗版取缔活动已经开展历经8年了”。
笔者认为,网络传播已经司空见惯的当下,硬是要将制造和销售的现场给搬出来是没有必要的,但将重庆作为一个标准去推断中国全境的盗版损失也是欠妥的。这终究只是四大都市的报告,其受损数字充其量还是只被看做一种参考为好吧。





●「ソフト?コンテンツは無料」に慣れきっている中国人
完全习惯了软件和文化产品就应该是免费的中国人


一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA)は中国版権局と対話を行っているが、同局の剣網行動時(ネットの侵害対策キャンペーン)には情報提供を行っている。CODAの坂田俊介氏は「正直、組織末端(地方)についてはよく分からないですが、中央政府は結構きちんと話ができますし、やる気はあるようです。半分冗談ですが、国家版権局の担当者からは『我々は、中国の権利者団体よりCODAと良く顔を合わせている』と言われたこともあります」と話す。中国政府は本気で日本のコンテンツの海賊版もなんとかしようとはしているようだ。
一般社团法人文化制品海外流通促进机构(CODA)和中国版权局保持着对话,也在该局进行剑网行动(网络侵权围剿)的时候提供线索。CODA的坂田俊介先生告诉我:“老实说我们不清楚基层(地方)是如何执行的,不过我们和中央政府还是能很好地进行对话交流的,对方也是有配合的意愿的。半开玩笑说,国家版权局的负责人曾经对我们说过和你们CODA会面的次数都已经超过中国自己的权利团体了”。看来中国政府也是动真格地想要对日本文化产品的盗版泛滥现象给做些什么了。


中国人はソフトもコンテンツも無料に慣れきり、無料ないしはプリペイドチャージした電話代の範囲内程度の低価格でなければ利用しようとはしなくなった。
その結果、ソフトベンダー側がこれに合わせて、セキュリティソフトまでも無料とするモデルを作り上げた。動画配信ビジネスでは広告収入がメイン。動画サイトがコンテンツ配信権を買って無料で配信し、無許可で配信したら配信権を所有するベンダーが全力で配信者を叩く。人気アニメを始めとした日本コンテンツも同様で、中国の配信権を買ったサイトが、正規版を配信し、海賊版配信サイトを全力で叩く。
中国の動画サイトに配信権を販売する際は、契約に「中国本土のみの配信」と明記し、サイト側もIPアドレスによるアクセス制限をかけ、日本からのアクセスをシャットアウトしている。
コ ンテンツの有料化については動画サイトが何度となく「HD画質のみ有料」など有料サービスをはじめたものの、利用者は予想よりもあまりに少なかったことが しばしばニュースで報じられている。最近ではSTB(セットトップボックス)やスマートテレビの本体価格にコンテンツ数年ないし数カ月分の利用料を上乗せ するベンダーも現れた。
中国人已经完全习惯了使用软件和文化制品的免费大餐,如果不是完全免费或者在预付电话费金额范围内的低价商品,他们一般不会有意愿去使用。
由此导致的结果是,软件提供商也配合这种习惯,创造了将安全软件也免费提供使用的商业模式。视频网站的收入主要依赖广告,视频网站将文化产品的版权买下免费提供观看,同时对未经授权播放自有版权的站点穷追猛打。以人气动画为首的日本文化产品也是同样,买断中国播放权的站点提供正版观看,同时全力打击盗版发布网站。

在向中国的视频网站销售播放权的时候,销售合同中都会明确写明“仅允许面向中国本土进行发布”,网站方面也会根据接入IP地址进行连接限制,将来自日本的连接全部屏蔽。
关于文化制品的收费视频站点也多次尝试了“仅高清免费”等收费服务,而付费观众较预想少得可怜的报道也多次见诸报端。最近还出现了在机顶盒和智能电视的本体价格上加上文化制品数年到几个月的有偿视听费的供应商。



かつてコピーソフトなど海賊版が蔓延した日本では、時間をかけて人々が正規版を買うようになり「世界屈指の金払いのイイ国」となり海賊版利用率は低下した。一方、中国では人々の「無料で使おう」というマインドは変わらないまま、ベンダーが無料サービスを提供することで海賊版利用率は低下した。ただ、確かに海賊版利用率は全体を見れば減っているものの、国のルールにより日本が進出できないゲーム分野などでは海賊版ソフトが使われ放題となっているし、中国国外の著名ソフトの海賊版を配信するスマートフォン用アプリストアでは、無料化された海賊版も配信されている。また「パズドラ」と全く同じシステムのゲームが雨後の竹の子のように登場するなど、そういった面での中国的モノ作りは変わらない。
那个曾经拷贝软件等盗版蔓延的日本,历经了一个过程如今也变成了人人都会自觉去买正版的“世界数一数二的付款情况良好的国家”,盗版的使用率较低。而在中国人们不改变免费使用的思想,而是由供应商提供免费视听服务来降低盗版的使用率。只是虽然总体来看盗版的使用率确实降低了,但因国家的政策限制导致日本无法涉足的游戏领域盗版软件呈泛滥的局面,发布中国国外著名游戏的盗版智能手机应用的app商店也免费发布着盗版软件。另外和“Puzzle & Dragons”采用完全相同系统的游戏也如雨后春笋般进入市场,这方面还是那个我们熟悉的中国模式。


では最近注目されているアジアの国々はどうか。多くの国を一緒くたにはできないが、PCとネットが普及していく中でWindowsやOffice、Photoshopなどの海賊版が利用され続け、またいくつかの国では海賊版ソフトが多いアプリストアが現れているいることを考えると、日本よりも中国的ベクトルで海賊版を減らすのが現実的であろう。
日本から無料動画コンテンツを求め優酷(YOUKU)などの検索数が多くなる中で、「無料のアジア、有料の日本」を貫き通すと、不公平を感じる人が多くならないか、不安である。
那么让我们再来看看同样受到关注的亚洲其他国家的情况。虽然不能把多个国家并在一起说,不过在电脑和网络普及的趋势下Windows、Office和Photoshop等软件的盗版使用依然继续,加上有好几个国家出现了提供繁多盗版软件下载的app商店,从这些迹象来看,比起日本模式,还是依靠中国模式去减少盗版更为现实吧。
在日本优酷(YOUKU)一词搜索量的增大折射了对免费视频的需求,如果“免费的亚洲、收费的日本”这一现象继续下去的话,我们恐怕得担心因此感觉到不公的人是否会增加。
  评论这张
 
阅读(275)| 评论(1)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017